エッセイ

料理評論家。1948生まれ。早稲田大学卒業後、演芸評論を経て、「東京味のグランプリ」(講談社)を出版後、料理が活動の中心となる。
主な著書に「ダイブル」「味な宿に泊まりたい」(新潮社)など。「21世紀への料理書」(小学館)近刊。
最新情報は、
山本益博オフィシャルサイト
masuhiro japan

料理研究家・エッセイスト。大阪生まれ。食の仕事を中心に、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・講演など多方面に活躍中。常に生活に視点を置き、あらゆるジャンルの料理をこなすが、それらをすべて含めたものを家庭料理としてとらえ、大事にしている。
「小林カツ代のおかず百科」講談社、「抱腹絶倒事件簿・空飛ぶつけ毛」ベネッセ 等、著書はおよそ120冊。料理の本ばかりでなく、エッセイも多い。

2014年1月にご逝去された、故・小林カツ代様には創刊号から25号まで12回にわたってリレー形式でご寄稿を頂きました。心よりご冥福をお祈り致します。

最新号

  •  

バックナンバー